TAMAプランコンサルタント 平井 東

平井

2022年4月より相談開始

平井 東(ひらい あずま)
TOKYO創業ステーションTAMA 
木曜日 10:00~17:00 担当
U-29ブース

※相談は29歳以下の方限定となります

株式会社SBMコンサルティング 代表取締役

私にお任せください!

デジタルマーケティング、店舗集客、事業計画作成      

得意業界

サービス業(パーソナルジム、各種サロン、整体等)、小売、飲食      

専門分野

SEO対策・MEO対策・リスティング広告・YouTube(SNS)等のWEBマーケティング全般、事業計画      

略歴

銀行にて法人向け貸出業務、税理士法人にて事業計画の作成業務、経営コンサルティング会社にてマーケティング戦略の立案・SEO対策・MEO対策・WEBサイト制作のディレクション等の業務、デジタルマーケティング会社にて大手企業向けのリスティング広告の運用業務、現在は、デジタルマーケティングと経営コンサルティングを行う会社を設立し、中小企業のご支援を行なっている。中小企業に必要な資金繰り・事業計画・計画達成のための戦術にあたるデジタルーマーケティングのノウハウを持っている。中小企業診断士。

インタビュー

相談極意

―― 現在のご自身の事業や手掛けられていることを教えてください。

 今現在大きく4つの事業をやっておりまして、1つ目は経営コンサルティングの仕事で、マーケティングの戦略の仕事だったりとか、事業計画の作成とか、事業再生系の仕事、資金調達の仕事も最近増えていて、金融機関さん向けだったりとか投資家さん向けの計画書作成とかも最近増えてきています。
2つ目はデジタルマーケティングの仕事で、現在売り上げのメインになっていて、SEO対策、MEO対策、検索エンジン対策、リスティング広告、インターネット広告代理業とかが多くなっています。
3つ目はWEBサイトの制作、クリエイティブ系の制作物を作る系のこともやっていて、WEBサイトの制作が直近で沢山入っていて、デザイン屋さんと多めに契約しているので、制作案件が増えています。動画の制作も直近で力を入れていて、動画に強い社員を一人いれました。今後、本腰を入れて、現在のクライアントさんに動画制作を勧めていくつもりです。
最後はオンラインスクールの授業で、今年1年間は最も力を入れていこうかなと思っていて、WEBマーケター養成スクールは今年中に開校したいと思い、コンサルタント養成スクールと、現在やっているのは起業塾で、徐々に頑張っていくつもりです。

―― これまでの経歴を教えてください。

 学生時代は部活一筋で、野球っていうスポーツをやっていたんですけど(笑)、高校で甲子園にうまく行くことができて、大学では怪我をしたので出場はできなかったのですが、日本一になりました。
その後、怪我で手術を受けたんですけど、それが失敗に終わり、もう一度人生を振り返った時に、野球以上に燃えるものがないかなって、探したいけど正直何が世の中に有るか分からないという状態で・・・・
それで、まず出来ることとして読書を年間200冊以上しました。ただ、自分の家庭の教育で「見たもの以外は信じるな」というものが有りまして、本だと綺麗なことしか書いていないんで(笑)もっと、現場の泥臭い話しを聞くために、居酒屋に飛び込んだり(笑)タクシーの運転手さんに、社長やビジネスマンが集まる飲食店ありますかって聞いて、ただお金がないので奢ってもらうことがゴールなんですけど(笑)そこで、ひたすら話し掛けて君面白いねって言ってもらえて奢ってくれたり(笑)実際にヒッチハイクをして日本中のビジネスマンに声を掛けて、「どういう仕事が一番かっこ良いと思うか」をひたすら聞きまくり、1か月ぐらい九州に行って帰ってきた結果、「社長になりたい」、「ビジネスをおこしたい」という経験が学生時代の最後の財産としてあるかなと思ってます。

  社会人になってからは、まず銀行に入って会社のお金回りを学びたいと思い、次に税理士法人の中では、事業計画書を作りたかったので、好きに作らせてくれる税理士法人に入って、別法人で一人で計画書だけ作る仕事をやって良いよと言われたので、飛び込みで営業して計画書を作るという仕事をしていました。その中で、中小企業診断士という資格を取って、でも計画書を作っていても売り上げは上がって行かないという課題が有ったため、マーケティングに特化していかないとと思い、マーケティングに強い経営コンサル会社に転職して、最終的にはインターネットの広告代理業もやりました。米国では経営コンサルファームが子会社で広告代理業をやっていますが、国内では子会社を持っているケースは少ないので、広告代理業をやっている会社に転職して、経営コンサルも広告代理業もできるような会社を作りたいと思い、今動画とかもやっています。戦略をたてる人と行う人が分かれていると成功に結びつかないと現場の肌感覚であったので、それを中小企業向けに解決していきたいと思ったので、ようやくそういう会社を作っている途中って感じですね。
(事務局:何年前に起業したのですか?)2年前に起業して、でも本当にやりたいことがまだまだ沢山あるので(笑)仲間を募りながら、そういう課題を解決していきたいと思います!

―― 起業相談での得意分野は?

 大きくは二つ有ります。一つは売れるかどうかのマーケティング視点からの起業相談が一番得意です。二つ目は若い世代向けの起業支援が得意です。
若い世代向け起業支援からお話しすると、僕自身が学生の時から起業にすごい興味が有って、20代も起業したくて頑張ってきたことがあるので、そういったリアルな泥臭い話しと言うか、綺麗な話だけでなくて辛い部分も含めてお話しできるかなと思います。仕事面だけでなく、プライベート面でも起業のタイミングで結婚し、家庭の話もお話しできるかなと思うので、若い世代向けに広くお話しができると思います。
マーケティング視点では、事業計画は作れるが、実際に販売をする売り方の部分が弱いな、ということは自分自身がそうだったので思っていて、経営理念とかビジョンとか戦略はみなさん一生懸命、事業計画として作るけど、戦い方、戦術のところが弱いなあと思うことがあるので、商品・サービスに最適な戦い方を現場で一緒に考えられるのが、(自分の)一番強いところだと思っています。実際に売れそうだなというところまで考えた上で、事業化するかしないかを考えられるので、成功の確率は引き上がると思います。
私も3年間悩み続けてきました。(税理士法人時代)事業計画書を作ると事業が良くなりますよと言って飛び込んで営業して、計画を一生懸命作っても、実際の事業は上手く行かなくて、計画書は引き出しに仕舞われてしまい・・・(笑) 結局、月に1度行った時しか見ない計画書になってしまって・・・なので、一緒に戦える立ち位置が良いかなと思います。

―― これまでの相談で印象に残っている相談内容があれば教えてください。

 起業=イノベーションという風潮があると思うんですよ、実際そのイメージを持ってくる方もたくさんいらっしゃると思います。
自分の目的や目指すゴールによって、イノベーションを目指すことが正解なのか、既存の事業で地域NO1になることが目標なのかで変わってくるので、ヒアリングベースで深掘りするんですけど。何となくカッコ良いからイノベーションを起こそうというのは、一回落ち着こうと言っていて(笑)
その方ですと、イノベーションを起こしたい欲求が強かったですが、目的としては自分の好きな仕事がしたい、意思決定して責任を持ちたいという方だったので、今できる自分の強みを最大限に生かして、既存にあるビジネスで地域NO1になりましょう、ということから、かなりの収益を得て、イノベーションを起こすという2つ目の事業に取り掛かって頂いたことがありました。本当にやりたいことと、計画、実行して成功に導く御支援ができたことが印象的でした。その一方で、イノベーションを起こすために事業に取り組み、成功されている方も御支援させて頂いてますので、どちらが良いのかではなく、その方のゴールを探し出すことが楽しく、良い事例になりました。

―― 起業相談の際に心掛けていることは?

 一番は起業の目的とゴールを見失わないことをサポートすることですね。目標設定に対して、例えば10億円のビジネスか、1千万円のビジネスを作るのかでやることが全然変わるし、商品の価格も全部変わってきちゃったりとか、最初に目的を明確にして計画を立ててゆくことを心掛けています。
接し方については、基本は、なるべく私から答えは教えず(笑)
例えば、あんまり美味しそうじゃないリンゴと美味しそうなリンゴを二つ用意して、御自分で一個ずつ美味しそうなリンゴを選択して頂くように、最終的に自分の答えを出して頂くことを心掛けています。

―― 起業相談の前に準備しておいたほうがよいことは?

 どのようなビジネスをやりたいかの想像と、就職するのも事業を起こすのも自己分析が大事だと思っています。何をもってゴールなのか、幸せなのかを深掘っていかないと起業を失敗するパターンはよく見ているので、自己分析はした方がいいかなと思います。こちらに来られた時にも深掘りはしますが、ある程度用意して頂いた方が間違いなくできます。
まあ、でも本当に気軽に来て頂ければと思います(笑)自己分析を一緒にして下さいというのも有りですよ(笑)

―― 起業相談をしようか迷っている方へのメッセージ

 僕は、迷ったらまず行動と考えていて、僕自身は思いついたら即行動という「即日ルール」を大学4年生の時に決めて、例えばヒッチハイクも深夜に「ヒッチハイク、おもろそうだな・・・」って思いついて、翌朝5時に準備し、6時に出発しました(笑)ビジネスマンへのインタビューや読書を始めた時もそうですし、社会人になってYoutubeを思いついた時も即日にカメラ、マイクも買いに行き、編集アプリも買って、撮影、編集、投稿したりとか(笑)
法人を設立した時もしようと思った当日に行政書士さんを予約したり、中小企業診断士の勉強も誕生日に「資格の勉強したいな」と思って、その日のうちに全部参考書を買って勉強を始めました。
「良いなと思った時が行動する良いタイミング」ですので、相談に来るのも明日とか来週とかではなく、思い立ったらすぐに行動して頂けるのが良いかと思います!
気付いたら、20,30,40歳となってしまいますので、早いうちに起業の経験して頂きたいし、起業するしないにかかわらず人生において良い経験になると思いますので、お気軽に相談して頂ければと思います!お待ちしております!

関連情報

TOKYO創業ステーションTAMA Facebook